• HOME
  • 税理士事務所の仕事

税理士事務所の仕事とは?

 

税理士は、一般の方には馴染みの薄い存在かも知れませんが、会社を設立して事業を始めると、企業経営の様々な局面で非常に頼りになる存在です


そこで、弊事務所のサポートを例に挙げ、税理士事務所の業務について解説しておきたいと思います。


 

 

 

1. 税理士事務所の業務

 

(1) 決算業務

 

個人・法人にかかわらず、事業を開始すると年に1度、年間の収入・支出を計算し、算出した利益(赤字の場合は損失)に基づいて税額計算を行い、申告と納税をする義務があります。

 

    
決算書の作成そのものは税理士以外でも行なうことはできますが、税額を計算し、申告書を作成して提出する決算申告は、「税務書類の作成」にあたり、税理士の独占業務となります。


決算書の作成&申告はほとんどの税理士が行なうことができますが、決算申告期限前に、税額を予測し、納税資金の対策まで行なう税理士事務所と、機械的に決算書を作成し、多額の税金が発生することがわかってから、「社長、○○万円、税金が出ますので○日までに用意して下さい」という税理士事務所があるようです。

 


私どもは、早めの決算事前対策や税額の予測などもしっかりと行なっておりますので安心です。

 


(2)税務調査立会い

 

決算申告を行なうと、通常、何年かに一度、税務調査が入ることがあります。


しかしながら、一般の方は税に対する知識が少なく、税務署と対峙することは困難ですので、経営者の皆様の代わりに、税務署に対応するサービスを言います。

これも「税務代理」といって税理士の独占業務です。

 

これも、基本的に全ての税理士事務所が行なっているサービスですが、税理士の経歴や、税に対する考え方、価値観によって、税務署に対する対応法が異なるようです。

 

私どもは常に経営者のみなさまの立場に立って、立ち会うことお約束いたします。


(3)記帳代行  

 

【記帳~決算申告】

 

手順.png

 

 


記帳代行とは、毎月発生する様々な経理上の取引に関する資料(領収書・請求書・預金通帳など)を整理し、データ入力を行なう作業を言います。

 


領収書の整理からご依頼いただく場合や、現金出納帳の作成と入出金伝票の作成からいただく場合、データ入力だけ依頼いただく場合と、その関与度合いも様々です。


(4)資金調達サポート  

 

「経営者の悩みの大半は資金繰り」であるとはよく言われますが、設立間もない企業において、潤沢な資金を準備できる経営者はほとんどいません。


また、事業開始時点では当面の運転資金の心配は要らないと思っていても、いざ事業が始まってみると資金が足らないことに気づいて、慌ててしまうことなども良くあることです。


当事務所では、


・融資可能性のある金融機関の選定

・融資を受けやすい決算書の作成

・事業計画の作成サポート

・金融機関との交渉

・事業計画に基づいた予実管理

 


など、資金調達に必要なフルサポートを行なっております。



》》はじめて税理士と付き合う方

》》税理士変更をお考えの方

 

ImgTop14.jpg

 

当事務所の詳しい内容は以下をご覧下さい。

似顔絵02_1.png

サービス内容

アクセス

料金案内

お問い合わせ

事務所紹介

HOME