• HOME
  • 社会福祉法人向け新会計基準への移行サポート

新会計基準への移行サポート

eyecatch.png
すべての社会福祉法人が、平成27年4月1日より新会計基準により会計処理をしなくてはなりません

新基準は、旧基準の目的であった経営状況の把握をさらに推し進め、法人間比較も容易にできるようにして、社会福祉法人に損益計算による事業の効率性をより強く求めています。

したがって、早期に新会計基準を導入することにより法人の経営効率の向上を目指すことが重要です。

当事務所では、スピーディな新会計基準への移行をサポートいたします。

また、経理の仕組みについてもご相談させて頂き、経理処理にかかっているコストを減らして経営効率を向上させることが可能です。
新会計移行後はその処理に支障がないように継続的にアドバイスをさせていただきます。

導入の流れ

1.プランニング

御社に合わせた移行タイムスケジュールとサポート内容の打ち合わせを行います。


2.経理規定のリフォーム

新会計基準により現行の経理規定を見直してリフォームします。

3.財務諸表のリフォーム

新会計基準により現行の財務諸表を整備してリフォームします。

4.予算書作成の準備

翌年度の予算書を作成するために適正な科目や経理処理方法を制定します。


5.新会計基準による会計処理の開始

経理指導をさせていただきながら、適正な会計処理がされているか定期的に点検させていただきます。

 

ImgTop14.jpg

 

当事務所の詳しい内容は以下をご覧下さい。

似顔絵02_1.png

サービス内容

アクセス

料金案内

お問い合わせ

事務所紹介

HOME