社会福祉法人あしかび たかさきこども園園長 宮上吉史 様

何かあった時はすぐに対応してもらる

宮上園長2.jpg

もともと別の会計事務所さんに依頼していたのですが、途中から方針が合わなくなって他の税理士さんを探していたところ、知人が
「求めている税理士像に合うのではないか?」
ということで野々口先生を紹介していただきました。


お会いしてみると、しっかりされていて、真摯な態度に好感が
持てました

質問に対する回答には裏づけがあり、なぜそのように決断するかという説明がしてもらえて安心感がありました。

法律知識を駆使してくださるので、非常に安心できる実際にお付き合いしてみて感じるのは、いつも忌憚のない正直な意見を助言してもらえることです。
的確で公正な意見を言ってくれるので、重要な判断材料になって経営者にはありがたいです。

また、何かあった時はすぐに対応してもらえます
携帯電話に連絡してすぐに繋がらなかったとしても、時間ができれば必ずすぐに連絡をもらえます。
その場で回答できない内容に関しても「確認してから返事をします」とはっきりと言ってくれ、その後かならず回答があって、絶対にその場しのぎにしないところがいいですね。

当園の園舎建て替えの際に、土地取引をする相手方の税務知識の認識不足から、取引が中止になりかけたことがありました。
その時に、野々口先生が相手と交渉して説明してくれたおかげで、無事に取引ができました。

また、野々口先生のいいところは、法律知識を駆使して処理してくださるので、非常に安心してお任せできる点です。
当園では行政との交渉も依頼していて、つつがなく処理をしてくれるのでとても頼りになります。

園舎の建て替えが完了し、児童数も150名を超え、10年前にたてた目標を達成した今、「今後は質の向上を目指すのか、量的拡大をした方がいいのか?」というご相談を先生にさせていただいた際に、「これからは幼保一体化による改革の時代なので、まず量的拡大を目指すことが結果的に質の向上につながるのでは」と仰っていただきました。

このアドバイスを受け、時代の流れ(幼稚園の保育所化つまりこども園への移行)とは逆行しますが、「保育園が幼稚園を創る」との決意に至りました。
まずは量的拡大(園児数の増加)を計り、そして幼児教育を保育の中で考察・実践する過程によって質の向上を図れるのではと考えております。
大きな大きな課題です。

先生からの末永いご支援よろしくお願い申し上げます。

<たかさきこども園>

本園:〒559-0025 大阪市住之江区平林南2-6-54
分園:〒559-0024 大阪市住之江区新北島1-2-1オスカードリーム
電話:06-6685-5858 FAX:06-6685-3940
URL:http://www.ashikabi.ed.jp

 

ImgTop14.jpg

 

当事務所の詳しい内容は以下をご覧下さい。

似顔絵02_1.png

サービス内容

アクセス

料金案内

お問い合わせ

事務所紹介

HOME